if文

| JavaScript |

if文

if(条件){

処理内容

}else{

処理内容

}

if文を使って条件によって処理内容を変える事ができます。条件が成立しない時の処理内容が必要ない場合は else 以降を省略でき、処理内容が1つの場合は中括弧も省略できます。また逆に、別の条件を設定したい場合は else の後に記述します。

全国の街コンイベント探すなら街コンMAP


シャツのオーダーは人生のオーダー【Original Stitch】

JavaScript 記述方法 – 場所

タグを記述する場所ですが、
~タグの間と~タグの間に記述することができます。
~タグの間は、先にロードしておきたい部分を置きます。関数などがそれです。

全国の街コンイベント探すなら街コンMAP


シャツのオーダーは人生のオーダー【Original Stitch】

JavaScript – 演算子2

| JavaScript |

JavaScript – 演算子2

代入演算子
x = y     x に y を代入
x += y     x に x + y を代入
x -= y     x に x – y を代入
x *= y     x に x * y を代入
x /= y     x に x / y を代入

算術演算子
x + y     x と y を足す
x – y     x から y を引く
x * y     x と y を掛ける
x / y     x を y で割る
x = y++     x に y を代入して y に1を足す
x = ++y     y に1を足して x に代入
x = y–     x に y を代入して y から1を引く
x = –y     y から1を引いて x に代入

論理演算子
条件 && 条件     前後の条件の両方が成り立てば true
条件 || 条件     前後の条件のどちらかが成り立てば true
! 条件     後ろの条件が成り立てば false  成り立たなければ true

比較演算子
x == y     x と y が等しければ true
x != y     x と y が等しくなければ true
x > y     x が y より大きければ true
x >= y     x が y より大きいもしくは等しければ true
x < y     x が y より小さければ true
x <= y     x が y より小さいもしくは等しければ true

文字列演算子
“ab” + “cd”  (= “abcd”)     左記の様に文字列を + で連結できます

全国の街コンイベント探すなら街コンMAP


シャツのオーダーは人生のオーダー【Original Stitch】

JavaScript – 演算子

++ インクリメント(1増やす)
– デクリメント(1減らす)
==  等しければ、trueを戻し、そうでなければ、falseを戻します。
!= 等しくなければ trueを戻し、そうでなければ、falseを戻します。
! 否定-ブーリアン値を反転します。trueはfalseに、falseはtrueになります。
&& 論理積-左右の値が共に、trueのときだけ、trueを戻します。(And)
|| 論理和-左右の値のうちどちらかがtrueのとき、trueを戻します。(Or)
= 代入
+= 加算して代入
-= 減算して代入
*= 乗算して代入
/= 除算して代入
%= 乗余して代入

全国の街コンイベント探すなら街コンMAP


シャツのオーダーは人生のオーダー【Original Stitch】

JavaScript記述方法 大文字-小文字

JavaScriptでは、他の言語と同じように大文字と小文字は区別しています。
document.write.. を Document.write..と書くと、エラーとなります。

関数の宣言

function 関数名(){

内容

}

function文を使って関数の宣言を行えます。括弧内にカンマ(,)で区切って必要な引数も宣言できます。

SEOに実際に重要でない要素

●H1タグ
ランキングを決める要因として、ほぼ関連性が見られません。
H1タグなしでも上位表示できているサイトは、多々あります。

●キーワード出現頻度
キーワードが繰り返される回数も、ランキングときわめて関係性の低い要素になります。

●W3Cバリデーション
W3C勧告に従った正しいHTMLでの記述も、検索順位には影響しません。

文字列と変数

var 変数名=”文字列”

変数名=’文字列’

文字列はダブルクォート(”)または、シングルクォート(’)で囲んで記述します。変数の生成は var で宣言されますが、 var を省略しても同様に生成されます。JavaScriptでは大文字小文字を区別しますので、文字列でも変数名でもその点は注意が必要です。

・どの媒体に広告を打つのか?
・どの様なクリエイティブで広告を作るのか?
・どの様な導線を作り購入ページに誘導するのか?

この3つのバランスの最適化を図っていくことで広告効果を上げていくことが
SEMのパフォーマンスをあげることです。

コメント

//1行

/*

複数行

*/

スクリプトタグ内では // からその行末までと、 /* から */ までに囲まれた部分はコメントとみなされます。

●SNS項目として

・マイホームの画面管理
・自分のプロフィールの確認
・プロフィールの変更

・設定変更
・日記を書く
・予定を書く(スケジュール管理)

・マイレビュー
・あしあと
・お気に入り

・メンバー検索
・コミュニティに参加する
・コミュニティでの活動

・コミュニティを立ち上げる
・メッセージを送る
・マイフレンドに登録する

——————————————

・招待メールの受信からログイン
・画面構成とメニュー説明
・公開される個人情報をチェックする
・自己紹介文の追加、公開レベルの指定
・メールのお知らせ機能や、携帯電話での設定等
・ブログ感覚で日記を書く
・スケジュール管理もできる
・SNSで紹介されている書籍など商品にコメントを書く
・自分のページにいつだれがアクセスしたか見てみる
・気になる会員のページを登録しておく
・どんな会員がいるか探してみる
・コミュニティに参加して他の会員と交流を深める
・画面構成、トピックの登録、イベントの登録
・自分が主催者になってコミュニティを立ち上げる
・知り合いになった会員にメッセージを送る
・親しくなった会員を友達リストに登録し合う。
・マイフレンドの承認

LPOとは・・・

「Landing Page Optimization」の略であり、Web広告から訪れたユーザーにとって最適なレイアウトと掲載すべき情報を適切に決定することにより、コンバージョンを効率良く高めようとする施策です。

JavaScriptの書き方

<SCRIPT>

<!–

実行するスクリプト

// –>

</SCRIPT>

<!– と // –> の部分は、囲まれた部分をスクリプトタグに対応していないブラウザがコメントとして認識するように考慮したもので、これがないとスクリプトが作動しないだけでなくスクリプトの部分がそのまま表示されてしまいます。

●ソーシャルメディア

twitterやMy Space、facebookに代表されるソーシャルメディアサイトが、どのくらい影響を与えているかはまだはっきりしていませんが、最新の情報を上位に表示するQDFアルゴリズムの判定に、ソーシャルメディアを間接的に利用しているかも知れません。
ソーシャルメディアで取り上げられることで、検索エンジンを経由しない直接的 なトラフィックが見込めます。

●ドメインの分散

被リンクの評価で考慮されるのは、リンクそのものの数ではなくリンク元のドメインの数です。
リンク元ドメインの分散していれば、リンクが少なくても上位表示の影響力が増します。

バナー

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

バナー