●ソーシャルメディア

twitterやMy Space、facebookに代表されるソーシャルメディアサイトが、どのくらい影響を与えているかはまだはっきりしていませんが、最新の情報を上位に表示するQDFアルゴリズムの判定に、ソーシャルメディアを間接的に利用しているかも知れません。
ソーシャルメディアで取り上げられることで、検索エンジンを経由しない直接的 なトラフィックが見込めます。

●ドメインの分散

被リンクの評価で考慮されるのは、リンクそのものの数ではなくリンク元のドメインの数です。
リンク元ドメインの分散していれば、リンクが少なくても上位表示の影響力が増します。

●アンカーテキスト

アンカーテキストも重要です。
外部リンク、内部リンクは、キーワードを含んだアンカーテキストを使う事をお勧めします。

●Titleタグ

Titleタグは、非常に重要な要因になります。
キーワードは、できるだけ先頭に近いほうが良いでしょう。
効果的な事:
キーワードを入れる
電話番号を入れる
場所を入れる
金額を入れる
社名を入れる

タイトルの内容とページの内容があまりにもかけ離れていると、「直帰率」が高くなります。
タイトルに見合ったコンテンツを提供することが重要です。

Cascading Style Sheetsとは

CSS は HTML で表現可能と考えられるデザインの大部分を実現できる要素を取り入れつつ、新たなデザイン機能を備えています。また、以下のような特徴を持ってます。

*ページを表示するメディアに合わせてスタイルシートを切り替えることで、メディアごとに表示を変化させることができます。
*ユーザーエージェント(多くの場合ウェブブラウザ)、ウェブサイト制作者、ユーザがそれぞれ定義した CSS のもたらす効果を重ね合わせ(カスケード)ることができます。

しかし、拡張・修正の続いている CSS 仕様の全てを完全に実装しているユーザーエージェントは事実上皆無といってよく、実際シェアで多数を占めるユーザエージェントは部分対応にすぎません。しかし実用上支障のないレベルの実装はされてきており、なおかつ表現のお互いの互換性についても考慮されてきています。

半角文字の連続を表示させるとレイアウトが崩れる

Webサイトを制作していてたまに指摘されるのが、半角文字を連続して入力した
ときにレイアウトが崩れるという問題。
これはブラウザがデフォルトでは英単語を単語の途中で改行しないことで起きます。

例えば、サイドの狭いエリアに入ってくるURLとかe-mail。

IEの場合のみCSSで対応できます。

IEでは、下記のスタイルと組み込むことで対応可能。

    word-break: mode (e5)
    行末の単語禁則処理を、normal(既定値:英文のみ単語の切れ目で改行)、break-all(英文、和文共に単語の途中でも改行)、keep-all(英文、和文共に単語の切れ目で改行)のいずれかで指定します。

(とほほのスタイルシート入門より)

Firefoxはこれに対応していないです。
ユーザー側では、アドオンをインストールすれば改行するようになります。
FireFoxリンクをクリックしたときに表示されるボーダーを消す

a:active { outline: none; }
a:focus { -moz-outline-style: none; }

Webディレクター「otomigus」がWeb制作に関するのメッセージや情報を配信します。Web制作ディレクター「otomigus」からWebサイト制作に関する色々なTipsを紹介します。
Web制作で役立つ情報!、Web制作で役立ちそうもない情報!、SEO対策情報、コーディング情報、Webを制作する際に起きたくだらない小話、Web制作での苦労話などなどWeb制作の情報だけでなく色んな情報を載せていきたいと思ってます。

[PR]登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」

「未来を創造するデザイン」「世界に広がるデザイン」
「夢中になれるデザイン」「分かりやすいデザイン」
「結果を出せるデザイン」「ビジネスサイトに強いデザイン」
「ECサイトに強いデザイン」「優しいデザイン」
「力強いデザイン」様々なデザインを提供しております。
Web制作・Webデザイン・Webシステム開発のことなら「N’Design

[PR]登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」

バナー

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

バナー