» SEOのブログ記事

アクセスアップ 最低限バージョン

HEADタグ

1.文字セット

文字コードの記述に間違いは無いか?

文字コードとブラウザが読みとる時に使う文字コードが違っていると文字化けが発生してしまいます。
文字コードの宣言はしましょう!

ISO-2022-JP
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=iso-2022-jp”>

Shift_JIS
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=shift_jis”>

EUC-JP
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=euc-jp”>

2.タイトル

TITLEタグは使われているか?

アクセスアップやSEOの基本中の基本です。
titleタグは「ページの主題」です。「titleに対策キーワードが入っていなければ、SEOはほとんどできない」といっても過言ではないので必ずチェックしましょう!

検索結果には最大全角34文字程度が表示され、残りは省略されます(GoogleのWeb表示では30文字程度)

覆面調査で楽しく≪現金≫GET♪【ジャパンモニター】

3.キーワード

TITLEタグにキーワードは含まれているか?

検索エンジンが最重要視する要素。ここにページ内のキーワード有効的に入れましょう!

業界最大級!謝礼をGET【ジャパンモニター】

4.Description

Descriptionは記載していますか?

これがブランクであれば、本文の中を探しにいきます。できるだけ記載しておくようにしましょう!
文章は長すぎてもいけませんので50字くらいに。

全額キャッシュバック≫ジャパンモニター

5.JavaScript

JavaScriptは外部ファイル(.jsファイル)になってるか?

外部にしたほうが、HEADタグ内をシンプルにできるので検索ロボットは、検索しやすくなるし、管理が簡単です。
JavaScriptはインクルードして使用しましょう。

覆面モニター大募集!【ジャパンモニター】

6.CSS

CSSは外部ファイル(.cssファイル)になってるか?

外部にしたほうが、HEADタグ内をシンプルにできるので検索ロボットは、検索しやすくなるし、管理が簡単です。
CSSはインクルードして使用しましょう。

『10年つかえるSEOの基本』

トレンドに振り回されることのない、SEOの基本の考え方が身につく書籍となります。SEOの基本を初心者と先生の2人でかけあって優しく解説しています。

——————————–
『10年つかえるSEOの基本』
——————————–
著:土居健太郎
価格:1,480円+税
発行:技術評論社
——————————–
※目次※
第1章 検索エンジンは、なんのために、どんなことをしてるのか
第2章 検索する人の気持ちと行動を考えてみよう
第3章 検索キーワードを見つけよう
第4章 検索キーワードをサイトに反映させよう
第5章 コンテンツを作ろう
第6章 リンクを集めよう
第7章 SEOを「売り手目線の販促活動」と考えてはいけない
おわりに 検索エンジンの進化とこれからのSEO

数字を200%使いこなす Webアクセス解析&レポート作成術 Google Analytics+SNSアクセス解析ツール対応 [電子書籍版]
小松夕祐(株式会社メンバーズ)

著者:小松夕祐(株式会社メンバーズ),白井貴典(株式会社メンバーズ),中野学(株式会社メンバーズ),小野寺翼(株式会社メンバーズ),卜部琢士(株式会社メンバーズ)
発売日:2015年03月09日
出版社:エムディエヌコーポレーション(MdN)
商品番号:4694844364840
言語:日本語

大容量無制限レンタルサーバー【X2】利用者のみドメインが激安

Webマーケティングの原則を理解して数字をより深く読み解く】

スマートフォンやSNSの爆発的な普及にともない、Webはテレビや新聞などの旧来のマスメディアを補完する位置づけを越え、マーケティングの中心的な役割を果たすメディアへと進化を遂げました。そして、Webでビジネス成果を向上するための基盤として、アクセス解析から得られるデータもさらに重視されるようになりました。最も代表的なアクセス解析ツールであるGoogleアナリティクスを使いこなせることはもちろん、近年は各種SNSにおける成果の解析も求められます。

本書ではこのようなWebマーケティングの現場の変化を踏まえ、アクセス解析に携わる方々に知っておいてほしい知識と技術を解説しました。Googleアナリティクスによる解析手法を中心に、Facebook、Twitterなどの各SNSの解析ツールについても詳しく紹介しています。

また、ただ数字を眺めるだけでは説得力のある分析は行えません。本書ではWebマーケティングの基礎を踏まえた「数字の見方」、実務では欠かせないレポートの作成方法という「数字の見せ方」についてもしっかり解説しています。Webサイト・Web広告・SNSの3つのメディアごとにポイントをまとめていますので、さまざまな場面で役立つ一冊です。

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】

※本書は固定レイアウト型の電子書籍です

【SEO】発リンクへの注意点

| SEO |

発リンクすることでマイナスになることがあります。
下記の点が該当しないか自分のサイトを確認してみてください。

—————————————————
1.リンク先がエラーになっていないか
2.スパムサイトへリンクをしていないか
3.「.exe」ファイルなどにリンクをしていないか
4.アンカーテキストの内容が、リンク先ページの内容と関連があるか
5.アダルト系、出会い系、ギャンブル系のサイトにリンクをしていないか



検索順位とクリック率の関係を調査したデータをみて驚いたことがありました。

■検索順位とクリック率のデータです
1位:18.20%
2位:10.05%
3位7.22%
4位4.81%
5位3.09%

1位でも約20%の人しか来訪しないのです。
5位以下では3%です。3位以内に入らないと多くのユーザーを逃してしまうことになります。
SEOにかけるコスト(お金や時間)と見込みアクセス数とを比較にて見直す必要があります。
それにはユーザーが「このサイトを観たい」と思えるようなタイトルやスニペットにする必要があります。
※「Slingshot SEO」のデータ(2012年公表)を参考



たとえば、ウェブページのファイル名を決める際にある程度キーワードを決定した
HTMLファイル名にするかと思いますが
例えば、魚を釣るサイトを作って「Fishing.html」のとき、
Google などの検索エンジンで 「Fishing」というキーワードで検索された場合、
当該ページ内に「Fishing」というキーワードがなくても、
そのページが既に検索エンジンのインデックスに登録されている場合は、
「Fishing」というキーワードで検索が行われると、
たとえ対象のキーワードが記述されていなくとも、ウェブページのファイル名に当該キーワードが含まれているだけで、
検索結果に表示されることになります。

Googleによると、アンダースコア(_)によってファイル名のキーワードが区切られると
Googleは区切ったキーワードを一つのキーワードとして結合して認識するようです。

「Fish_Fishing_page」というファイル名であれば、”Fish, Fishing, page”の3つのキーワードが結合して
“Fish_Fishing_page” という1つのキーワードとして認識されることになります。

逆に別々のキーワードとして認識させるにはハイフン(-)が好ましいとされています。



米Slingshot SEOが純粋な検索結果における順位別のクリック率を調査・公開しました。

大容量無制限レンタルサーバー【X2】利用者のみドメインが激安

1位:18.2%
2位:10.1%
3位:7.2%
4位:4.8%
5位:3.1%
6位:2.8%
7位:1.9%
8位:1.8%
9位:1.5%
10位:1.0%

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★

上記の調査結果から検索で10位以下(2ページ目)にランキングしてもほとんどHPが見られないことがわかりますね。
また、5位以上になると順位が一つ上がるだけでアクセス数が1.5倍UPすることが分かります。
最低限の目標として、5位以上を目標にSEO対策されることをよさそうです!

楽天がグーグルの検索エンジン採用 ヤフーから切り替え

楽天は2000年に買収した検索大手インフォシークを通じ独自のエンジンをしようしていましたが、2004年に米グーグル製に切り替えて2008年からは米ヤフーのエンジンを利用していました。2011年からは米グーグル製を採用することになったようです。

グーグル製に切り替え、同時に検索連動型広告も同社製を採用いたしました。
楽天は検索の速度や精度を採用理由に挙げ、「現時点でより良質な技術を採用し、利便性を高めるため。公取委への申し立てとは矛盾しない」とのこと。

Googleが評価する外部SEO対策とは

・IP分散200以上(できれば500以上)のリンク数を獲得すること
・オールドドメイン(ドメイン取得から1年以上)のリンク
・Googleページランクが高い(2以上)リンク
・徐々にリンクを増やす(急激に増やすとペナルティのリスクあり)

結婚したい30代の方へ

検索結果における順位別のクリック率

米Slingshot SEOが純粋な検索結果における順位別のクリック率を公開いたしました。

1位:18.2%
2位:10.1%
3位:7.2%
4位:4.8%
5位:3.1%
6位:2.8%
7位:1.9%
8位:1.8%
9位:1.5%
10位:1.0%

[PR][Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

検索で10位以下にランキングしてもほとんどHPが見られないことがわかります。
また、5位以上になると順位が一つ上がるだけでアクセス数が1.5倍UPすることが分かります。
ターゲットキーワードで10位以上(1ページ目のランクイン)は最低限の目標として、できれば5位以上を目標にすることおすすめいたします。

[PR]お台場の人気アトラクション 等身大フィギュア館

Yahoo!がGoogle化

まだ全てのブラウザではないですが(現在IEは確認しました)、
Yahoo!の検索がGoogle化し、Google搭載の検索結果となりました。

これによって、今までYahoo!では上位だったけど
Googleでは上位表示されないというサイトは
アクセスは激減する可能性があります。

逆にGoogleで上位表示されていたサイトは
アクセスが倍増する可能性もあります。

今後、Google対策に力を入れれば
上位表示できます。


感動の臨場感!ライブコミュニケーション!☆話題のマシェリ☆

ヤフー株式会社がGoogleとの提携を正式発表
2010/07/27

ヤフー株式会社は27日午後3時10分に2010年度第1四半期決算を発表、その中でポータルサイトYahoo!Japanの検索サービスを独自開発のシステムからGoogle提供のシステムに乗り換えることを明らかにした。

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★

「Googleからの公式発表」
Google が展開するほぼすべてのサービスの中心に位置するのが検索です。Google 検索の人気については広く知られていますが、この検索技術を Google がパートナー企業に提供し、彼らが自らの検索サイトで Google の検索技術を活用しているということについては、あまり知られていないかも知れません。

2001 年から 2004 年にはヤフー株式会社に対し、Google の検索エンジンを提供していました。そして、本日、ヤフー株式会社に対して再び検索技術をライセンス提供することになったことを発表いたします。今回の非独占的な契約に基づき、ヤフー株式会社(ソフトバンク株式会社の子会社であり、米ヤフーも一部出資しています)は、Google が日本国内で最も速く、最も先進的であると自信を持つ検索技術を利用者に提供できることになります。これに加え、ヤフー株式会社はオークション、ショッピング、知恵袋といったコンテンツを Google の日本語の検索結果に加えられるように提供します。これにより、双方のサービスは一層充実し、効果を増大させることができます。

ヤフー株式会社は Yahoo! JAPAN のサイト上で、自身のユーザー向けにフィットするように、Google の検索サービスをカスタマイズして検索サービスを提供することが可能です。これは Yahoo! JAPAN のサイト上で検索サービスがどのような外観になり、利用者がどのように検索を体験できるかといったことも含まれます。その結果、利用者は Yahoo! JAPAN のサイト上で、引き続き Google のサイト上とは違う体験をすることができると考えられます。

登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」

Google はさらに、ヤフー株式会社に対して、検索連動型広告配信プラットフォームを提供します。すなわち、Google の技術が、ヤフー株式会社による検索連動型広告の提供、ターゲット及びレポートをバックエンドで支えることになります。ヤフー株式会社は引き続き広告の獲得や広告キャンペーンの展開を行います。なお、両社の広告主および広告のデータは完全に分離して保持されます。

両社は検索サービスと広告サービスを展開する事業者としてこれまで通り独立し、顧客や価格に関する情報を共有することなく、引き続き日本の市場において活発に競争していくことになります。今回の取引を通じて、お互いの広告と検索におけるイノベーションにさらに拍車がかかり、その他の企業も巻き込みながらより厳しく競合し、究極的には利用者やパートナー企業にとってより良いサービスがもたらされることを願っています。

Yahoo! JAPAN の検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびに Yahoo! JAPAN からグーグルへのデータ提供について

 当社は、本日、Yahoo! JAPAN の検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびに Yahoo! JAPAN からグーグルへのデータ提供について、下記のとおり決定いたしましたので、お知らせいたします。

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】

「ヤフー株式会社がGoogleとの提携を正式発表」
1.概要

日本において利用者数で圧倒的 No. 1 を誇るインターネット総合サービスカンパニーである Yahoo! JAPAN は、様々な人気の高いサービスを提供しておりますが、そのなかの一つである検索サービスにおいて使用している「検索エンジン(インターネットに存在する情報を検索する機能)」と、「検索連動型広告配信システム(検索キーワードに連動した最適な広告を検索を利用されているお客様に配信するシステム)」を Google Inc.(米国カリフォルニア州、米ナスダック上場、以下「グーグル」)のエンジンおよびシステムに切り替えることに決定いたしました。

 これにより、グーグルが使用している定評のある検索エンジンと検索連動型広告配信システムを、日本で非常に人気が高く、その利便性が評価されて利用者の支持を受けている Yahoo! JAPAN の検索サービスに組み込むこととなり、Yahoo! JAPANの検索サービスの価値は引き続き高く維持されます。

 今後はより強化された Yahoo! JAPAN の検索サービスを活用することにより、Yahoo! JAPAN 上の他のサービスも従来以上に価値を高め、No.1 インターネット総合サービスカンパニーとしての地位をますます確固たるものにしてまいります。

※Yahoo! JAPAN の人気のあるコンテンツはそのサービス上にそのまま残ります。上図のうち本件により影響を受けるのは、ウェブ検索結果の表示に必要な検索エンジン部分と検索連動型広告の表示に必要な配信システムの部分のみです。

大容量無制限レンタルサーバー【X2】利用者のみドメインが激安

 今回の契約の対象は、Yahoo! JAPAN の検索サービスにおける検索エンジンおよび検索連動型広告配信システムのサービス提供を受けることに限定されています。Yahoo! JAPAN は、検索ページや検索サービスを今後も自ら運営していくことはもちろんのこと、 検索連動型広告においても、広告主が希望するキーワードに値段を付け、オークション形式により広告の掲載可否や順序を決定する場である「マーケットプレイス」を、これまでどおりYahoo! JAPAN 独自のものとして維持してまいります。したがって、Yahoo! JAPAN とグーグルは、広告と検索サービスを含むすべてのサービスにおいて、今後も競い合う関係であることに変わりはありません。

 また、Yahoo! JAPANが、オークション、ショッピング等をはじめとする諸サービスに関して日々更新されるデータをグーグルに対して提供することで、双方がメリットを得ることになります。

 前述の通り、今回の契約は検索エンジンと検索連動型広告配信システムについてのみであるため、Yahoo! Inc.は今後も引き続き Yahoo! JAPAN の戦略的パートナーであり、 Yahoo! JAPAN は引き続き Yahooブランドを利用します。本件以外の領域に関しましては、 資本関係も含み、これまで通りの関係を継続してまいります。

 この契約による Yahoo! JAPAN の利益構造には大きな変化はなく、今後ますます拡大する広告市場において、Yahoo! JAPAN の収益機会の最大化を図るとともに、今回のグーグルとの関係を通じたシナジーを最大限に生かして、検索サービスのみならず、Yahoo! JAPAN 全体の成長にもつなげてまいります。

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

2.背景

2009年7月、Yahoo! Inc.は検索エンジンおよび検索連動型広告配信技術の提供をマイクロソフトから受けることを決定しました。これを受け Yahoo! JAPAN は他の検索エンジンおよび検索連動型広告配信システムの検討も行うべきと考え、代替案との比較を行いました。グーグルは今日現在既に、確固たる日本語環境の検索エンジンと検索連動型広告配信システムを保有しており、且つ、その機能も現時点ではベストであるとの結論に至ったため、グーグルからの提供を受けることを決定した次第であります。

3.Google Inc.の概要

(1)名称 Google Inc.(グーグル・インク) (2)所在地 米国カリフォルニア州 (3)代表者 最高経営責任者 Eric Schmidt (4)設立年月日 平成10年9月 (5)当社との関係 特になし

4.日 程

検索エンジンと検索連動型広告配信システムの切り替えの時期については現時点では未定であります。今後、詳細を協議のうえ決定いたします。

5.今後の見通し

本件による本日(平成 22 年 7 月 27 日)発表の平成 23 年 3 月期第 2 四半期業績見通しへの影響はありません。

HTMLのミスからSEOの問題になる事例 -5-

●文字コードの認識トラブル

検索エンジンが、Web ページの文字コードをうまく認識できないことにより、検索エンジンからの評価が大きく落ちる場合があります。

数年前のブラウザとは異なり、現在一般的に使われているブラウザでは、文字コードを誤認識することは少なくなってきました。
ただ、一部の検索エンジンは一般的なブラウザよりも文字コードの自動認識が弱い場合がある。文字コード宣言を誤った場合や、文字コード宣言が正しくとも一部の Web ページで、ブラウザでは表示されても検索エンジンが認識できない場合があります。そうした場合、記述したテキストもすべて検索エンジンは無視することになるでしょう。

ブラウザでは閲覧できるものの検索エンジンが文字コードを誤認識することはあまり多く起こることではありません。
ただし、発生した場合は、そのページを検索エンジンが認識しない状態にまでなってしまいます。
制作した Web ページの文字コードが認識されづらい状態になっていないか、さまざまな環境で確認をするべきでしょう。

HTMLのミスからSEOの問題になる事例 -4-

●論理タグのミス

h要素など、論理的な意味があるタグの使用について、CSS で制御をしておけば、h1要素とh2要素を逆にマークアップしていても、ユーザー観点ではほぼ問題がありません。

しかし、Web ページの論理構造を認識しようとする検索エンジンにとっては、非常に大きな問題となってしまう場合があります。ブラウザでの表示だけではなく、CSS を切った状態で情報が正しく伝わるようになっているかの確認が必要でしょう。

HTMLのミスからSEOの問題になる事例 -3-

●検索エンジン向けのタグのミス

ブラウザでは一切表示されずに、検索エンジンだけが評価するタグがいくつか存在します。
そのようなタグは、少し間違えただけで致命的な問題が発生する場合があります。
たとえば、canonical の設定においては、ブラウザでは一切表示されずに SEO 観点だけで問題となるため、大きなミスをしていても気付かずにトラブルとなってしまう事があります。

また、内容確認のためにアップした際の noindex の指定が、本アップでも外されていないことで検索エンジンに認識されないなどのトラブルも多く存在します。

バナー

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

バナー