» JavaScriptのブログ記事

jQueryとAjaxの事ならここ!!

AjaxとjQueryの実践サンプルが1500本以上あります。
メルマガに登録すると新着サンプルとサイトの更新情報など届きます。

JavaScript + Ajax 実践サンプル集
http://jsajax.com/default.aspx

—————————————————————————–
FXの自動売買に最適の環境

—————————————————————————–
業界最大フィリピーナ専門1435254.com

—————————————————————————–

JavaScript & Ajaxプロが教える“本当の使い方”
MdN編集部

発売日:2009年08月
著者/編集:MdN編集部
出版社:エムディエヌコーポレーション,インプレス
サイズ:単行本
ページ数:255p

大容量無制限レンタルサーバー【X2】利用者のみドメインが激安

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
必ず使う現場のノウハウを凝縮。文法を覚えるだけでは見えてこない、JavaScriptの「現場の使い方」を丁寧に解説。

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】

【目次】(「BOOK」データベースより)
01 JavaScriptの“本当の使い方”(サムネイルとボタンで切り替えるフォトログ風ギャラリー/定休日を赤字で表示するカレンダーパーツ/9つのBOXがロールオーバーで開閉するインターフェイス ほか)/02 JavaScriptライブラリの“本当の使い方”(3段階に文字のサイズを変化させるボタン/フェードインするコンテンツ切り替え表示/スライディング&タブパネルで紙芝居風のコンテンツ切り替え ほか)/03 Ajaxの“本当の使い方”(用語解説を別ファイルで作成してポップアップ表示する/特定フィードの内容をコンテンツに盛り込む/XMLファィルを利用したスライドショー ほか)

ページの印刷を開始するスクリプト

ボタンorリンクをクリックすると、印刷用のダイアログが表示されます。

・ボタン

<input type="button" value="印刷する" onClick="print()">
・リンク
<a href="#" onClick="print(); return false;">印刷する</a>

[PR]登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」

javascript:ウィンドウを閉じるボタン

リンクorボタンのクリックでウィンドウを閉じます。
※メインウィンドウが閉じられようとした時は、警告メッセージが表示される場合があります。

・リンク

<a href="#" onClick="window.close(); return false;">ウィンドウを閉じる</a>
・ボタン
<input type="button" value="ウィンドウを閉じる" onClick="window.close()">

ブラウザごとの処理

| JavaScript |

ブラウザごとの処理

if(navigator.userAgent.indexOf(“MSIE 3.”)>=0){
IE3に対する処理内容
}else if(navigator.userAgent.indexOf(“MSIE 4.”)>=0){
IE4に対する処理内容
}else if(navigator.userAgent.indexOf(“MSIE 5.”)>=0){
IE5に対する処理内容
}else if(navigator.userAgent.indexOf(“Mozilla/3.”)>=0){
NN3に対する処理内容
}else if(navigator.userAgent.indexOf(“Mozilla/4.”)>=0){
NN4に対する処理内容
}
特定のブラウザのみに対応したスクリプトを扱う場合等に、対応していないブラウザでエラーが出ないように処理を分岐させる必要がある場合に使用します。NN3を判断するMozilla/3.の文字列はIE3にも対応しており、NN4を判断するMozilla/4.の文字列はIE4、5にも対応しているので、IEから記述する必要があります。またこの他にもアプリケーション名からNかMを取り出しバージョンの数から判断する方法もあります。オブジェクト一覧のnavigator(ブラウザ情報)を参考にしてください。

全国の街コンイベント探すなら街コンMAP


シャツのオーダーは人生のオーダー【Original Stitch】

for文

| JavaScript |

for文

for(開始条件;終了条件;継続方法){
処理内容
}
for文を使って指定した条件で処理を繰り返す事ができます。

if文

| JavaScript |

if文

if(条件){

処理内容

}else{

処理内容

}

if文を使って条件によって処理内容を変える事ができます。条件が成立しない時の処理内容が必要ない場合は else 以降を省略でき、処理内容が1つの場合は中括弧も省略できます。また逆に、別の条件を設定したい場合は else の後に記述します。

全国の街コンイベント探すなら街コンMAP


シャツのオーダーは人生のオーダー【Original Stitch】

JavaScript 記述方法 – 場所

タグを記述する場所ですが、
~タグの間と~タグの間に記述することができます。
~タグの間は、先にロードしておきたい部分を置きます。関数などがそれです。

全国の街コンイベント探すなら街コンMAP


シャツのオーダーは人生のオーダー【Original Stitch】

JavaScript – 演算子2

| JavaScript |

JavaScript – 演算子2

代入演算子
x = y     x に y を代入
x += y     x に x + y を代入
x -= y     x に x – y を代入
x *= y     x に x * y を代入
x /= y     x に x / y を代入

算術演算子
x + y     x と y を足す
x – y     x から y を引く
x * y     x と y を掛ける
x / y     x を y で割る
x = y++     x に y を代入して y に1を足す
x = ++y     y に1を足して x に代入
x = y–     x に y を代入して y から1を引く
x = –y     y から1を引いて x に代入

論理演算子
条件 && 条件     前後の条件の両方が成り立てば true
条件 || 条件     前後の条件のどちらかが成り立てば true
! 条件     後ろの条件が成り立てば false  成り立たなければ true

比較演算子
x == y     x と y が等しければ true
x != y     x と y が等しくなければ true
x > y     x が y より大きければ true
x >= y     x が y より大きいもしくは等しければ true
x < y     x が y より小さければ true
x <= y     x が y より小さいもしくは等しければ true

文字列演算子
“ab” + “cd”  (= “abcd”)     左記の様に文字列を + で連結できます

全国の街コンイベント探すなら街コンMAP


シャツのオーダーは人生のオーダー【Original Stitch】

JavaScript – 演算子

++ インクリメント(1増やす)
– デクリメント(1減らす)
==  等しければ、trueを戻し、そうでなければ、falseを戻します。
!= 等しくなければ trueを戻し、そうでなければ、falseを戻します。
! 否定-ブーリアン値を反転します。trueはfalseに、falseはtrueになります。
&& 論理積-左右の値が共に、trueのときだけ、trueを戻します。(And)
|| 論理和-左右の値のうちどちらかがtrueのとき、trueを戻します。(Or)
= 代入
+= 加算して代入
-= 減算して代入
*= 乗算して代入
/= 除算して代入
%= 乗余して代入

全国の街コンイベント探すなら街コンMAP


シャツのオーダーは人生のオーダー【Original Stitch】

JavaScript記述方法 大文字-小文字

JavaScriptでは、他の言語と同じように大文字と小文字は区別しています。
document.write.. を Document.write..と書くと、エラーとなります。

関数の宣言

function 関数名(){

内容

}

function文を使って関数の宣言を行えます。括弧内にカンマ(,)で区切って必要な引数も宣言できます。

文字列と変数

var 変数名=”文字列”

変数名=’文字列’

文字列はダブルクォート(”)または、シングルクォート(’)で囲んで記述します。変数の生成は var で宣言されますが、 var を省略しても同様に生成されます。JavaScriptでは大文字小文字を区別しますので、文字列でも変数名でもその点は注意が必要です。

コメント

//1行

/*

複数行

*/

スクリプトタグ内では // からその行末までと、 /* から */ までに囲まれた部分はコメントとみなされます。

JavaScriptの書き方

<SCRIPT>

<!–

実行するスクリプト

// –>

</SCRIPT>

<!– と // –> の部分は、囲まれた部分をスクリプトタグに対応していないブラウザがコメントとして認識するように考慮したもので、これがないとスクリプトが作動しないだけでなくスクリプトの部分がそのまま表示されてしまいます。

バナー

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

バナー