» コーディングのブログ記事

Windows 10を快適に使うために知っておくべき10のキーボードショートカット

■ウィンドウのスナップ

・ウィンドウを画面の左側にスナップ:Windows + 左矢印キー

・ウィンドウを画面の右側にスナップ:Windows + 右矢印キー

・ウィンドウを画面の4分の1のサイズにスナップ:ウィンドウを左か右にスナップした後、Windows + 上または下矢印キー

・ウィンドウを最大化:ウィンドウや左や右にスナップせずに、Windows + 上矢印キー

・ウィンドウを最小化:ウィンドウや左や右にスナップせずに、Windows + 下矢印キー

■仮想デスクトップ

・タスクビュー(すべての仮想デスクトップを表示):Windows + Tabキー

・新しい仮想デスクトップを作成:Windows + Ctrl + Dキー

・現在の仮想デスクトップを閉じる:Windows + Ctrl + F4キー

・次の仮想デスクトップに移動:Windowsキー + Ctrl + 右矢印キー

・前の仮想デスクトップに戻る:Windowsキー + Ctrl + 左矢印キー

上手くショートカットを使っていこう!

アクセスアップ 最低限バージョン

HEADタグ

1.文字セット

文字コードの記述に間違いは無いか?

文字コードとブラウザが読みとる時に使う文字コードが違っていると文字化けが発生してしまいます。
文字コードの宣言はしましょう!

ISO-2022-JP
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=iso-2022-jp”>

Shift_JIS
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=shift_jis”>

EUC-JP
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=euc-jp”>

2.タイトル

TITLEタグは使われているか?

アクセスアップやSEOの基本中の基本です。
titleタグは「ページの主題」です。「titleに対策キーワードが入っていなければ、SEOはほとんどできない」といっても過言ではないので必ずチェックしましょう!

検索結果には最大全角34文字程度が表示され、残りは省略されます(GoogleのWeb表示では30文字程度)

覆面調査で楽しく≪現金≫GET♪【ジャパンモニター】

3.キーワード

TITLEタグにキーワードは含まれているか?

検索エンジンが最重要視する要素。ここにページ内のキーワード有効的に入れましょう!

業界最大級!謝礼をGET【ジャパンモニター】

4.Description

Descriptionは記載していますか?

これがブランクであれば、本文の中を探しにいきます。できるだけ記載しておくようにしましょう!
文章は長すぎてもいけませんので50字くらいに。

全額キャッシュバック≫ジャパンモニター

5.JavaScript

JavaScriptは外部ファイル(.jsファイル)になってるか?

外部にしたほうが、HEADタグ内をシンプルにできるので検索ロボットは、検索しやすくなるし、管理が簡単です。
JavaScriptはインクルードして使用しましょう。

覆面モニター大募集!【ジャパンモニター】

6.CSS

CSSは外部ファイル(.cssファイル)になってるか?

外部にしたほうが、HEADタグ内をシンプルにできるので検索ロボットは、検索しやすくなるし、管理が簡単です。
CSSはインクルードして使用しましょう。

レスポンシブ・デザイン対アダプティブ・デザイン

米国最大のECカンファレンス「IRCE2014」にて。
米国でも「レスポンシブ・デザイン対アダプティブ・デザイン」が課題になっているようです。
多様化するデバイスに対する戦略は日本も米国でも共有の問題のようですね。

[PR]LINEスタンプで稼げるスタンプを制作

ECサイト運営者は一度目を通していただきたい問題です。

米国EC市場でも課題のデバイス対策 「レスポンシブ・デザイン対アダプティブ・デザイン」とは?
ネットショップ担当者フォーラム

[PR]月額756円からのスマホ【格安スマホはmineo】

jQueryとAjaxの事ならここ!!

AjaxとjQueryの実践サンプルが1500本以上あります。
メルマガに登録すると新着サンプルとサイトの更新情報など届きます。

JavaScript + Ajax 実践サンプル集
http://jsajax.com/default.aspx

—————————————————————————–
FXの自動売買に最適の環境

—————————————————————————–
業界最大フィリピーナ専門1435254.com

—————————————————————————–

HTMLのミスからSEOの問題になる事例 -5-

●文字コードの認識トラブル

検索エンジンが、Web ページの文字コードをうまく認識できないことにより、検索エンジンからの評価が大きく落ちる場合があります。

数年前のブラウザとは異なり、現在一般的に使われているブラウザでは、文字コードを誤認識することは少なくなってきました。
ただ、一部の検索エンジンは一般的なブラウザよりも文字コードの自動認識が弱い場合がある。文字コード宣言を誤った場合や、文字コード宣言が正しくとも一部の Web ページで、ブラウザでは表示されても検索エンジンが認識できない場合があります。そうした場合、記述したテキストもすべて検索エンジンは無視することになるでしょう。

ブラウザでは閲覧できるものの検索エンジンが文字コードを誤認識することはあまり多く起こることではありません。
ただし、発生した場合は、そのページを検索エンジンが認識しない状態にまでなってしまいます。
制作した Web ページの文字コードが認識されづらい状態になっていないか、さまざまな環境で確認をするべきでしょう。

HTMLのミスからSEOの問題になる事例 -4-

●論理タグのミス

h要素など、論理的な意味があるタグの使用について、CSS で制御をしておけば、h1要素とh2要素を逆にマークアップしていても、ユーザー観点ではほぼ問題がありません。

しかし、Web ページの論理構造を認識しようとする検索エンジンにとっては、非常に大きな問題となってしまう場合があります。ブラウザでの表示だけではなく、CSS を切った状態で情報が正しく伝わるようになっているかの確認が必要でしょう。

HTMLのミスからSEOの問題になる事例 -3-

●検索エンジン向けのタグのミス

ブラウザでは一切表示されずに、検索エンジンだけが評価するタグがいくつか存在します。
そのようなタグは、少し間違えただけで致命的な問題が発生する場合があります。
たとえば、canonical の設定においては、ブラウザでは一切表示されずに SEO 観点だけで問題となるため、大きなミスをしていても気付かずにトラブルとなってしまう事があります。

また、内容確認のためにアップした際の noindex の指定が、本アップでも外されていないことで検索エンジンに認識されないなどのトラブルも多く存在します。

HTMLのミスからSEOの問題になる事例 -2-

●特定タグのミス
タグの使い方について、若干のミスであればブラウザでの表示が崩れることはないでしょう。しかし、ブラウザは解釈できても、一部検索エンジンは認識できない場合があります。

たとえば、タグや引用符「”」の閉じ忘れなどがあったとしても、最近のブラウザでは表示が崩れることはありませんが、検索エンジンの認識としては、閉じ忘れの後方の一部テキストを認識できなくなる場合があります。

また、aタグの閉じ忘れにおいては、SEO 観点で重要なリンクを検索エンジンが効果的に認識できない状況となりえるでしょう。さらに、画像に対する代替要素として、alt 属性ではなく title 属性のみを使用することで、検索エンジンがその内容を認識しない場合などが見受けられます。

HTMLのミスからSEOの問題になる事例 -1-

●意図しない隠しテキスト・隠しリンク

HTML のミスにより、表示するつもりのテキストが表示されない場合があります。
本来は表示するつもりが、意図せずに背景色と文字色を同じにしてしまう場合や、認識できない文字サイズになってしまう場合、画像を変更したにも関わらず alt 属性など代替要素を変更し忘れた場合には、検索エンジンを騙す意図がなくても隠しテキストや隠しリンクとして検索エンジンスパムと判断される可能性があります。

特に、h1要素においては複雑な CSS を設定する場合が多く、このようなミスが発生しやすく、ページのテーマであり対策キーワードも含まれやすいh1要素を結果的に隠してしまうことは、問題となる可能性が高いため、注意しましょう。

隠しテキストはNG

「検索エンジンには見せて、ユーザーには見せない」ことはSEO対策では
NGになります。

例えば“背景と同色のテキスト”、“見えないくらいテキストサイズを小さくする”などになります。

隠しテキストとは、背景と同色のテキストやキーワードを羅列したり、人に識別できないほどの小さな文字でテキストやキーワードを記述することです。

以前は隠しテキストのみで上位表示させることが可能でしたが、現在の検索エンジンの性能が上がり、ユーザが認識できないテキストは隠しテキストスパムとなります。

サイト制作の際はご注意を!

JavaScript & Ajaxプロが教える“本当の使い方”
MdN編集部

発売日:2009年08月
著者/編集:MdN編集部
出版社:エムディエヌコーポレーション,インプレス
サイズ:単行本
ページ数:255p

大容量無制限レンタルサーバー【X2】利用者のみドメインが激安

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
必ず使う現場のノウハウを凝縮。文法を覚えるだけでは見えてこない、JavaScriptの「現場の使い方」を丁寧に解説。

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】

【目次】(「BOOK」データベースより)
01 JavaScriptの“本当の使い方”(サムネイルとボタンで切り替えるフォトログ風ギャラリー/定休日を赤字で表示するカレンダーパーツ/9つのBOXがロールオーバーで開閉するインターフェイス ほか)/02 JavaScriptライブラリの“本当の使い方”(3段階に文字のサイズを変化させるボタン/フェードインするコンテンツ切り替え表示/スライディング&タブパネルで紙芝居風のコンテンツ切り替え ほか)/03 Ajaxの“本当の使い方”(用語解説を別ファイルで作成してポップアップ表示する/特定フィードの内容をコンテンツに盛り込む/XMLファィルを利用したスライドショー ほか)

メタタグ:キーワード

<mata>タグのkeyword属性には、検索のヒット率を向上させるキーワードを複数入れることができます。

そのページを代表するキーワードをカンマで区切って列挙しますが、そのページに関係ない単語は入れないようにしましょう。
意図的に入れてあると、スパムとして検索エンジンのブラックリストにのってしまうことがあります。

また、キーワードの数自体も、あまり入れすぎると同じようにスパム扱いされてしまうことがありますので、3~10程度が適当だとされています。

HPをつくる時の注意事項 わかりやすく

ともかくHPに人が来ないと、公開している意味が無くなってしまいます。

カッコいいHPも良いのですが、訪問者にとって難しかったり、重かったり、
わずらわしかったりしていては、そのカッコいいも自己満足になってしまいます。
訪問してくれる人の目線で、「わかりやすく、便利で、使いやすい」サイトのほうが、
来てくれるすなわちアクセスアップにつながるでしょう。

「わかりやすい!」

サイト全体のイメージを明確にする事。
シンプルにすることが大事だと思います。
訪問者にとってマイナスですと瞬時にそのページを去って行ってしまいます。
何をしてるHPなのかシンプルで分かりやすくすることが大事かと思います。

ソースがダウンロードできるFlashエフェクト集 | DesignWalker

色々と使えそうな、
Flashのエフェクトが沢山あります。

ソースがダウンロードできるFlashエフェクト集 | DesignWalker
http://www.designwalker.com/2009/06/flash-effect.html

HTML4.0 XHTML1.0 の相違点

タグ名や属性名はすべて小文字で記述する

HTML では大文字でも小文字でもどちらでも構いませんでしたが、XHTML では必ず小文字で記述します。

<p>タグはすべて小文字にします。</p>

× <P>タグはすべて小文字にします。</P>

タグを省略してはならない

HTML では </p> </li> など、終了タグを省略かのうなものがいくつかありましたが、XHTML では省略は許されません。

<p>終了タグを省略してはいけません。</p>

× <p>終了タグを省略してはいけません。

また、HTML では <body> <head> などは開始タグも終了タグも省略してよいと定義されていましたが、XHTML では開始タグの省略も許されません。

◆ 終了タグが無いものは、/> で終わる

<br><hr> など終了タグが無いものは <br /><hr /> のように記述します。XHTML に対応していない古いブラウザとの互換性を考慮して、/> の前にはひとつのスペースを空けることが推奨されています。

<img src=”panda.gif” alt=”panda” /> <br /> <hr />

× <img src=”panda.gif” alt=”panda”> <br> <hr>

属性値はすべて “…” で囲む

英字のみや、数値のみの属性であっても、属性値を “…” または ‘…’ で囲む必要があります。

<img src=”xx.gif” alt=”xx” width=”100″ height=”100″ />

× <img src=”xx.gif” alt=”xx” width=100 height=100 />

属性は必ず「属性名=属性値」の形式で記述する

HTML では、checked nowrap など、属性値(正確には属性名)が省略されることがありましたが、XHTML では必ず属性値を指定する必要があります。

<input type=”checkbox” checked=”checked” />

× <input type=”checkbox” checked />

属性値の空白は &nbsp; と記述する

属性値の最初と最後の空白文字は削除され、途中に現れるひとつ以上の空白はひとつの空白に置きかえられます。属性値の中に空白を記述したい場合 は、&nbsp; を使用します。ただし、属性値の &nbsp; には対応していないブラウザもまだ多いようです。

<img src=”xx.gif” alt=”You and …&nbsp;&nbsp;&nbsp;me” />

<img src=”xx.gif” alt=”You and … me” />

属性値の & &amp; と記述する

CGI 呼び出しの URL など、すべての属性値で、& &amp; と記述しなくてはなりません。ただし、これも、対応していないブラウザが多いため、ブラウザが対応してくれるまでは & と記述しておいた方が無難そうです。

<a href=”xxx.cgi?NAME=tanaka&amp;AGE=26″>…

× <a href=”xxx.cgi?NAME=tanaka&AGE=26″>…

スクリプトやスタイルシートの禁止文字

スクリプトやスタイルシートなど、XHTML のコメントとして扱われる部分に「<」、「&」、「]]>」、「」を含む場合は、外部ファイルを用いることとなっています。

<script type=”text/javascriptsrc=”xxx.js”></script>

× <script type=”text/javascript“> <!– : if (num < 5) { line–; } : // –> </script>

◆ name 属性と id 属性

name 属性は廃止される予定です。name 属性の代わりに id 属性を用いますが、当面は互換性のために両方を記述するのが無難そうです。

<a name=“hehe” id=“hehe”>…</a>

<a name=“hehe”>…</a>

<a id=”hehe“>…</a>

◆ TBODY の省略

HTML4.01 では TABLE要素の直下に TR要素を記述することはできず、下記の例では <tbody> </tbody> が省略されていると見なされました。つまり、要素の親子関係は TABLE → TBODY → TR → TD となります。XHTML では、TABLE要素の直下に TR要素を記述可能となったため、<tbody> が省略されているとは見なされず、親子関係は TABLE → TR → TD となります。

<table>

← ここに <tbody> が、

<tr><td>AAA</td></tr>

← ここに

</tbody>

が省略されているとみ見なされる。 </table> 見た目にはそれほど影響はありませんが、JavaScriptDOM を用いて各要素にアクセスする際には注意が必要となります。

しかし、こうした影響を考慮してか、Internet Explorer 6.0 Netscape 7.0 などのブラウザでは、XHTML の宣言を行っていても、TABLE → TBODY → TR → TD と解釈しているようです。

バナー

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

バナー